世界の高速鉄道事情について知ろう!

国際的な市場展開

高速鉄道は、全世界の鉄道業界において非常に期待が持てるマーケットだと言われています。特に、経済発展が著しいブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国を総称するBRICsや、北アメリカ、アジア諸国などの大きな進展が期待されています。

また、鉄道網が張り巡らされている西ヨーロッパ諸国の中でも高速鉄道の需要は潜在的に高いと言われているため、鉄道技術を持っている国は、その技術を売り込むチャンスがあると言われているのです。

では、このような高速鉄道の技術を持っている国とはどのような国を指すのでしょうか。ヨーロッパ勢は高速鉄道の技術が高く、特にユーロスター・イタリアを運用しているイタリアや、ICEを運用しているドイツ、TGVを運用しているフランス、新幹線を運用している日本などが鉄道先進国として名を連ねています。このような国々を筆頭に、高速鉄道のグローバル化を図っているのです。

高速鉄道は、中長期的に見て、その伸び率に期待が持てるマーケットです。特に、経済的に今後発展していくであろう国々に高速鉄道を売り込むことは、自国の技術のコマーシャルにもなります。そのため、世界中でセールスが過熱しているのです。