世界の高速鉄道事情について知ろう!

最高速度について

高速鉄道は読んで字のごとく、その走行速度が速いという特徴があります。現在の最高速度は、日本の超電導リニアL0系7両編成の時速603kmです。こちらは2015年の4月に記録を樹立しました。鉄輪式鉄道の最高速度は、フランスのTGVPOSが2007年4月に記録した時速574.8kmというものがあります。鉄輪式の世界最高速度は、1955年から一貫してフランス国鉄がほとんど保持してきました。

次に、実際に営業している車両の記録に目を向けてみましょう。こちらの1位は、中華人民共和国の上海トランスピッドが記録した時速430kmです。そして、なんと2位も中華人民共和国の京滬高速鉄道による時速350km。3位が横並びとなっていて、フランスのTGV、ドイツのICE、イギリス・ベルギー・フランスのユーロ・スター、日本の新幹線の最高速度である時速320kmとなっています。TGVは鉄輪式の最高速度を保持していますが、こちらはあくまで試験走行であるため、注意しましょう。

高速鉄道のスピードは、その国の鉄道技術を推し量るための重要な基準となります。もちろん、それだけでは計れない部分もありますが、この速度を達成するために技術者達が日夜努力を重ねているという側面も間違いありません。