世界の高速鉄道事情について知ろう!

世界の高速鉄道

日本では、国民の交通手段としてすっかり定着している新幹線。あまりに当たり前に存在しているため、その技術が別段素晴らしいと感じる機会も少ないという人もいます。しかし、世界を見渡してみると、このように高速鉄道が網羅されているという国は珍しいです。世界の高速鉄道事情とはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、高速鉄道の定義ですが、これは定まっていません。日本では時速200kmを超える区間があるものを新幹線と定めていますが、これも技術の進歩によって更新される可能性があります。最高速度においては、日本の超電導リニアL0系が記録を保持しています。しかし、営業速度は中国が保持しているため、混同しないようにしましょう。

日本の新幹線が皮切りとなって世界中で導入されていますが、これらにはビジネスチャンスが隠されています。このような市場は非常に期待されているため、高速鉄道の技術に優れている国は、これを国家戦略として取り入れているのです。国際的な展開で必要な注意点は、何と言っても技術の漏洩です。高速鉄道は技術力だけに止まらず、それが根付くまでのノウハウの蓄積や社会的練度の向上が重要な鍵を握っています。そのため、国力としてそれを他国にマーケティングするのならば、それらをどのように守るかというのも重要な課題です。

高速鉄道は、単純に鉄道としての側面ではなく、国家の持つあらゆる能力が複合しています。そのため、見所も多いです。この記事を読めば、高速鉄道に対する理解がより深まります。是非最後までお楽しみください。